織りについて

先日は「染め」についてお伝えさせていただきました。本日は「織り」についてお伝えさせていただきます。
 ◇織物..染め分けた糸を織り模様を作る技法です。
織物は、色付けした、たて糸とよこ糸を織機にかけて交互に組み合わせて織り、生地を作りながら柄が表れていく技法です。
 
 ①糸を染める。
(久留米絣の場合、糸に模様をつける。)
 
②色付け...染められた糸を織っていく

縦糸緯糸の模様が織り合わさって柄になるってすごいですよねー。
【染めは感覚の着物、織りは計算の着物】

KIMONOプロジェクトの織物のキモノの一部
 
 
染物と織物では、美しさの現れ方が違いますが染物も織物もどちらも美しいです
 
染物と織物、見比べて是非
ご覧ください☺︎︎♡

コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。