会社案内

会社案内

会社名
株式会社 ななほう

代表取締役
刑部優美帆

設立
2022年(令和4年)1月18日

主な事業内容
着付け教室・和箪笥の整理整頓

 

所在地

住所
〒431-0431 静岡県湖西市鷲津5001

代表番号
080-6920-8597

 

「SDGs」にななほうの事業を置き換えると

 SDGs「全ての人に健康と福祉を」

「全ての人に健康と福祉を」
着物は姿勢を良くします。姿勢をよくすると呼吸を整えることができます。呼吸を整え自分に向き合っていただき自己愛のお時間としてホッとしていただけるよう心がけております。

 

 

「質の高い教育をみんなに」「住み続けられるまちづくりを」

お正月、七五三、お花見など日本には身近に季節の行事があります。当たり前のように私たちの生活にあるものですが、実際「どういうものなのか?」と改めてみると知らないことも少なくありません。行事として表面的なことだけではなく行事本来の意味や役割をお伝えするイベントの開催、企業様との取り組みを行っています。大切な方と日常を豊かに過ごしてもらうため季節の行事を学ぶ、自国を大切にするということは自分自身を大切にすると考えています。

 

「人や国の不平等をなくそう」

私たちの文化(日本文化)で楽しんでいただきたい、また私たちの知らないアタナの国のことを教えていただきたい、それぞれが素敵で尊い存在だと一緒に楽しいお時間の場や空間を作りたいことから、地域の国際交流協会に2018年から参加しております。着物体験や、和文化の本質をお伝えするお時間などを通じ楽しんでいただけたらと思っております。

 

「つくる責任つかう責任」

着物や和のものは基本的に一つのものを長く使います。着物で言えば一つのものを仕立て直しなどすれば3世代、約100年は着ることができます。「捨てる」という概念が基本ありません。そのものの役割や長く楽しむ知恵、技術の提供をできるよう心掛けております。


「パートナーシップで目標を達成しよう」
ひとりで出来ることはとても限られていると思います。同じ志の方と一緒にさせていただいたときに一人ではできない素敵なことがカタチになると考えています。ななほうのバリューは「陶冶‥生まれもった性質や才能を大切にすること・中心帰一(一円融合、調和)‥すべてが互いに働き合って一つになること。」国歌に出てくるさざれ石のようになりたいと意識しています。

 

略歴

令和6年6月3日 中日新聞さま(社会面一面)と1面「言の葉」『絣ハンカチで故郷湖西PR』

令和4年3月4日  浜松いわた信用金庫第3回チャレンジゲート創業部門 優秀賞 受賞 

令和3 年12月24日 TBS「水曜日のダウンタウン」特別企画【すてきに帯ライフ】出演

2019年8月30日 第3回野口英世授賞式にて各首相初め出席者をお出迎え

2018年4月29日 KIMONOプロジェクト「100か国完成披露式典」運営責任者

2018年1月29日 中日新聞(静岡県内版)「KIMONOに友好の華」

2018年1月30日 静岡新聞(浜名湖版)「母国の文化 湖西で紹介」

2020年8月18日 fumika.浴衣コーディネート担当

2017年12月8日 朝日新聞(福岡版)「五輪の華 着物にマレーシア」

2017年11月23日 KIMONOプロジェクト第四回制作発表会」運営担当

2017年7月19日 東京新聞「この人・五輪向け各国イメージの着物作る」

2017年7月10日 中日新聞(全国版)「この人」

2017年6月26日 西日本新聞(筑後版)「久留米高生 着物づくり挑戦」

2017年6月25日 毎日新聞(筑後版) 「着物プロジェクトに参加 久留米高英語科2年」

2017年6月20日 静岡新聞(浜名湖版)「湖西市に協力求める」

2017年6月21日 中日新聞(浜名湖版)「湖西市出身・刑部さん 東京五輪へプロジェクト」

2017年5月12日 朝日新聞(筑後版)「久留米絣でキリバス表現」

2015年7月11日 KIMONOプロジェクト イタリア ミラノ万博遠征担当・首相夫人着付担当

2015年6月 KIMONOプロジェクト アメリカロサンゼルスツアー遠征担当

2015年3月 TEDxShimizu2015登壇

2014年 (一社)イマジンワンワールド設立時 事務局兼 入団・福岡県久留米市内老舗呉服店 勤務

2013年 静岡県浜松市呉服屋勤務

2007年 自動車部品工場入社

2007年 静岡県立湖西高等学校卒業